Windows10+Django+MySQLのwebアプリ開発環境

あとからどういう手順を踏んだか分かるように、メモ。

参考にした動画はこちら↓

やってる最中、データベースにMySQLを使うならWindows 10よりLinux使った方が楽そうだなってめっちゃ思った。

環境

・Windows 10

・python 3.7

・PyCharm CE

・MySQL (xamppに入ってるやつなので、厳密にはmariaDB)

手順

XAMPPをインストール

webアプリ開発などでデータベースを扱いたいときに便利なXAMPP。

元々djangoはmigrateのおかげでデータベースを生で触らないで良いのだが、XAMPPを使うことで、更に扱いやすくなる。

djangoで開発する用の仮想環境を作るために必要なものをインストール

アプリを作成するときに便利な仮想環境を作る。

pythonを動かせる仮想環境は色々あるが、今回は「virtualenv」を使用。

コマンドプロンプト(今回使ったのは全部管理者権限の方)で

> pip install virtualenvwrapper-win

自分はC:¥WINDOWS¥system32のディレクトリに保存したけど、たぶんそこじゃなくても大丈夫。

これで、必要なコマンドを打てば「virtualenv」が作成できるようになった。

Djangoでアプリを作成する用のプロジェクトを作成

コマンドプロンプトで、プロジェクトを作成したいディレクトリまで移動。

> mkvirtualenv py1

で、仮想環境を作成。

py1は仮想環境の名前で適当に決めた。

>workon py1

で、作業を仮想環境上での作業開始。

仮想環境上にdjangoをインストール

> pip install django

djangoでプロジェクトを作成。

> django-admin startproject djangoproject

djangoproject は、プロジェクト名。

コマンドプロンプトでローカルサーバを起動

「http;//localhost:8000」のページが表示されることを確認

サーバはctrl+C かコマンドプロンプトを閉じることで止まる。

データベースをMySQLに変更したいのでドライバを入手する

ここからインストール

https://www.lfd.uci.edu/~gohlke/pythonlibs/#mysqlclient

インストールするバージョンは

・コマンドプロンプトでPythonと打ち込んで

Python 3.7.0 [MSC v.1914 32 bit (Intel)]なら、

mysqlclient‑1.3.13‑cp37‑cp37m‑win32.whl

Python 3.7.0 [MSC v.1900 64 bit (AMD64)]こっちなら

mysqlclient‑1.3.13‑cp37‑cp37m‑win_amd64.whlをインストール

ダウンロードしたやつをdjangoプロジェクトのとこに移動

ダウンロードするときに最初からディレクトリ指定してたら、ここの手順はいらん。

それをpip install

からの、migrate

一般的な場合のためにデフォルトのアプリケーション群が含まれていますが、すべての人がそれを必要とするわけではありません。もしその中のどれかかすべてが必要ない場合、 migrate を実行する前に INSTALLED_APPS から適切な行をコメントアウトしたり削除しても構いません。migrate コマンドは INSTALLED_APPS のアプリのためだけに実行されます。

(公式より)

OKがいっぱいでてきたらOK

phpmyadminでデータベースが反映できてるか確認

ページを開きっぱなしだったら更新すればOK。

時間ができしだい、なんか実装してweb公開しようかなと思っております。

↓1日1タップで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ

Python

Posted by arabica