塾は行かないでOK。【受験生の君へ】

2019年5月14日

当ブログでは私自身(プロフィールはこちら)の受験経験から「独学での学習の進め方」を重点的に発信しています。

しかし周りの学生が塾に入っていくのを見ていると「自分も塾に入らなければ負けるのではないか?」と不安になりますよね。

なぜなら、多くの人の頭の中には

・塾に行った方が成績が上がる
・大学受験では塾に入るべき

・塾に入っていないと難関大学は厳しい

といった根拠のない間違った印象があるからです。

そこで今回の記事では

高額の授業料を払い、塾に入ることで得られるメリットとはなんなのか

を明らかにし、それを踏まえて

・「塾に行った方が成績が上がる」といった印象は間違いである

難関大学に合格する上で、塾に入ることは必要ではない

ということを解説していきます。

※勘違いしていただきたくないのが「塾に行ってはダメだ」とは言っていない点です。
「努力次第でなんとでもなる要素なので、必要ではない」と言っています。

まず塾に通うことで得られるメリットはなんでしょうか?

塾に通うことで得られるメリット

塾

塾に入って得られるメリットは、大きく5つほど考えられます。

・1.受動的に勉強をさせてくれる(授業・提出物)
・2.モチベーションを受動的に高めてくれる(個人面談等)
・3.自習室が使える
・4.塾に通う優秀な学生との交流が得られる

・5.「有名な塾に通っているから大丈夫!」という、根拠のない自信

この5つです。

さてこれら「塾のメリット」は、志望校合格にとって必須のモノでしょうか?

一つずつ考えてみましょう。

1.受動的に勉強をさせてくれる(授業・提出物)

塾では授業・提出物・夏期講習・冬期講習などあらゆる手を使って受動的に勉強をさせてくれます。

もし勉強をサボっていたら叱ってもくれるでしょう。

しかしこれらは難関大学に合格する上で、全く必要ではありません

というかむしろ難関大学を目指す上では排除すべき要素でしょう。

合格する人たちはみな、能動的に勉強に取り組むことができる人達です。

2.モチベーションを受動的に高めてくれる

塾に行くと、個人面談や、塾の壁によく貼ってある「センター本番まであと〇〇日!!」みたいな張り紙など、あの手この手で受験生のモチベーションを上げてくれます。

これは良いことだと思いますが、そんなことされなくてもモチベーションなんて自分で上げることが可能です。

その自分なりの方法を探すのも、受験期間の隠れたミッションでしょう。

社会に出たらわざわざ他人のモチベーションを上げてくれる人なんていませんからね。

(※お金を払わない限り)

せっかくの受験期間に、自分なりのモチベーションアップ方法やメンタルのコントロール方法は見つけておくべきです。

私はモチベーションアップに手帳を使っていました。

受験勉強のモチベーションアップに必要な考え方も別の記事で解説しています。

3.自習室が使える

自習室に関しては、悔しいですがとても良いと思います。

空調完璧で机と椅子のみがあり一日中使える自習室は、正直独学の私にとって、とても羨ましかったです。

しかし勉強する環境も、工夫次第で塾に行かなくてもなんとかなります。

私は公共の図書館を活用すること対応しました。

独学の勉強環境づくりについては、「独学のコツ」の記事で紹介しています。

4.塾に通う優秀な学生との交流が得られる

これは自分の通っている高校に友達がいれば不必要です。

一定の人数いる学校であれば、進学校でなくても優秀な人は必ずいます。

5.「有名な塾に通っているから大丈夫!」という、根拠のない自信

これに関してはもはやノーコメントです。笑

もったいない精神はどうした。しっかりしろ。

受動的に勉強をさせてくれる(授業・提出物)
モチベーションを受動的に高めてくれる(個人面談等)
自習室が使える
塾に通う優秀な学生との交流が得られる

「有名な塾に通っているから大丈夫!」という、根拠のない自信

年間100万近く払ってこれらの「必要ではない商品」を購入するの、どう考えてもコスパ悪すぎませんか。

初売りダッシュでケガ人が出るほどコスパを気にする人が多い日本人なのに、なぜ話が受験になった途端、思考ゼロで大量に不要なお金を払えるのでしょうか。

たとえば私と同じ大学に行ってる人で某有名予備校に通ってた人、私と全く同じ商品を、100万円高い値段で買ってるのと同じですからね。

努力した総量は大して変わらないのに、です。

すでに塾に通っている人について

もうすでに通っている方については辞める必要もないですし、最大限に塾の利点を活用するべきでしょう。

しかしこれだけは気を付けてほしいのが

・「自分で考え、方針を立てる」といった能動的な勉強をすることを意識する

という点です。

塾講師に言われたことを実行するだけの受動的な勉強では、受験が非常に退屈でしんどいモノになってしまいます。

まとめ

今回は難関大学対策をするうえで塾は必要でないという事を解説しました。

私のブログでは独学での勉強方法を発信していまして、いくつかの記事は下の「合格体験記」にまとめています。

ぜひ勉強の休憩時間等にご覧ください。

では!

↓1日1タップで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ

tips

Posted by arabica