【大学生活】一人暮らしで風邪をひかないための対策

一人暮らしをしている人は分かると思うのですが、一人暮らしで風邪とか病気にかかると、マジで死にそうになります。

笑えないです本当に。

私は大学1年の冬に胃腸かぜ的なやつにかかったのですが、ホントに辛かったです。

とはいえ病気・風邪は対策次第で防げる(防ぐ可能性を高められる)ものです。

私もそれからは体調管理に気を付けているので、今に至るまで特に大きな風邪・病気にはかかっていません。

今回はそんな健康大学生の私が、風邪をひかないために1人暮らしする上で気を付けているシンプルなことを紹介します。

ではいってみましょう!

まず食生活についてです。

野菜・肉中心、油少なめの食生活

私が食生活で気を付けているのは野菜と肉を多くとり、脂質をできるだけ(無駄に)とらないようにすることです。

野菜に含まれるビタミンは体調を整えてくれますが、体に蓄積されないので毎日とる必要があります。
生野菜もいいですが、包丁を握りたがらないズボラな大学生におすすめなのは野菜ジュースです。

中でも伊藤園の野菜ジュースは普通に美味しいので重宝しています。

そしてたんぱく質は体の免疫を高めてくれます。

グラム当たりのたんぱく質が多い鶏肉を中心に摂取し(安いし)、納豆とか豆腐もよく食べてます。(安いし)

また揚げ物・菓子パン・スナック菓子はあんまり食べません。
特にダメなのが大学生が買いがちな「安い菓子パン」です。
私だけかもしれませんが、菓子パンを常用しているとすぐ体調が崩れてしまいます。

栄養ゼロのくせにカロリーが高いので、他の栄養源を食べなくなるからではないかなーと思います。

また私は食生活が乱れるとすぐ顔にニキビが出るのですが、この生活を始めてから、ほとんど出なくなりました。

ありがたい副作用です。

つぎは睡眠について。

十分な睡眠を取る

これは題名の通り、シンプルに寝るだけです。

日々、自分にとって十分な睡眠量を確保しましょう。

私の健康法は以上のシンプルな二つです。

そしてこれらの単純なことに気を配れば、多少生活がハードでも風邪をひかなくなるという具体例を以下で紹介します。

これらに気を付ければ、忙しくても平気

私は去年の12月、かなりハードな日々を送りました。

どのくらいのハードさかというと

・鬼のバイト(月20万超えペース)
・週4で大学の授業(9コマ)
・課題(特に理系の実験レポートは時間がかかるんです…)
・サークル活動

・毎週金曜日は飲み会(忘年会)

という具合です。

一般的な大学生活と比べるとかなりハードだと思います。

月末に至っては
・前日深夜まで居酒屋でバイト
→翌日早朝から夕方までカフェでバイト
→夕方から居酒屋でバイト
→そのままバイト先で忘年会

→早朝のバスで帰省

という「ブラックすぎてもはや白。」ってくらいのハードぶりでした。

(全部自分で決めたことなんですが苦笑)

しかし、先に紹介した

・食生活

・睡眠時間の確保

の二つに徹底的に気を配った結果、授業は無遅刻無欠席、バイトも無欠勤、周りではインフルエンザも流行っていましたが風邪すら全くひかずに過ごせました。

なのでこの単純な健康対策は効果があると感じています。

ただいくら食生活を正して睡眠を取ったとしても、忙しすぎる生活を長期間続けるのは絶対にやめた方が良いです。

最近過労死とかも問題になってますし。

さてここまでは風邪の「予防法」について紹介してきましたが、次は軽く体調を崩した時の「初動」についてです。

体調に異変を感じたら、秒で病院に行く

予防をすることは最重要ですが、風邪にかかった場合の初動も同じくらい大事です。

市販の総合風邪薬(「効いたよね♪早めの〇〇のやつ」とか「便座に座ることを阻害してくる名前のやつ」とか)を飲むのではなく、病院に行って医者に処置してもらい、処方された薬を飲みべきだと思います。

自分が風邪ひいた時に色々試した経験上、病院の薬を使った方が

・自分の症状にあった薬を処方してもらえるので、治りが早い

・圧倒的に安い(保険効くから)

ことは確かです。

市販の薬は高いくせに全然効きません。(※私には)

当たり前のことですが、病院は最強。

まとめ

今回は一人暮らしの大学生が体調を崩さないための対策について紹介しました。

楽しい大学生活も健康あってこそですので、体調を崩しやすい方はぜひ実践してみてください。

また、他の記事では大学生におすすめの趣味や

絶対におすすめしないバイト先3選の紹介など

大学生活にとって有意義な情報も発信していますので、ぜひ暇つぶしにどうぞ!

では。

↓1日1タップで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ