【書評】初心者がブロックチェーンの仕組みを理解するために読むべき本

今回はひと昔前お祭り騒ぎになっていたビットコインに代表される「仮想通貨」を支える技術「ブロックチェーン」について、初心者におすすめの書籍を紹介します。

ブロックチェーン 岡崎裕史 講談社

ブロックチェーン 相互不信が実現する新しいセキュリティ 価格:\1,080-

ほとんど知識0の状態でこの本を手に取りましたが、

・ブロックチェーンの基礎である「ハッシュ」とはなにか

・ブロックチェーンを使った通信は従来の情報通信とどのように異なるか

・仮想通貨に利用されたのはなぜか

・今後、様々な分野に応用するにあたっての問題点はなにか

をスッキリと理解することができました。

良い面ばかりが取り沙汰されがちなブロックチェーンですが、この本ではあえて批判的にブロックチェーンの課題面についても議論しているので、ほかのブロックチェーン関連本からは得られない知見が得られます。

筆者がまえがきで述べている言葉を引用すると、この本を読んで到達できるレベルは

利点にしろ欠点にしろ将来の展望にしろ、

求められれば数枚の小論文が書け、

「取りあえずブロックチェーンで何か業務をやれ」と上司に無茶振りされたときに、

簡単な仕様書が書けたり、

「それはブロックチェーンには向いていません」と断ることができたりする、

そんなレベルである。

まさにこの通りです。

ブロックチェーン入門者が最初に読む本として最適な良書といえます。

この本がオススメの人

この本をおすすめできる読者層としては、今は知識がゼロだが

・仮想通貨絡みのうまい話に乗せられない程度の正しい基礎知識が欲しい

・ひと昔前に流行したビットコインの仕組みを理解したい

・大学の講義でブロックチェーンについてのレポートを書く必要がある

・ブロックチェーン技術は何に向いていて、何には不向きかを理解したい

・ブロックチェーンのこれからが知りたい

方です。

まとめ

今回はブロックチェーンについての書籍を紹介しました。

関連の書籍を読んで、良いものがあったらまた適宜追記していきます。

個人的に最近、ひと昔前お祭り騒ぎだったビットコインの夢を見て、仕組みも理解できていないのに仮想通貨に手を出す人が多いように思います。

しかしそれではただのギャンブルです。時間と金の無駄でしょう。

一回冷静になって、仕組みを理解するべきではないかなと思います。

では。

↓1日1タップで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ

本棚

Posted by arabica