【大学生活】大学生が株式投資から得られるメリット

2019年3月23日

株式投資はいまある資金を増やす目的で行うものですが、私はそれ以外の目的を重視して行っています。

大学生にとって株式投資は金銭的なリターン以外に得られるメリットがあるからです。

そこで今回は大学生の内から株式投資(日経)をしておくことで得られるメリットを紹介し、大学生に株式投資がおすすめな理由を解説します。

では早速いってみましょう!

経済の動きに詳しくなり、就職の際に役に立つ

社会人スキル

大学生はよっぽど意識が高くない限り「単位」・「遊び」・「バイト」くらいしか気にしないので、経済状況なんて全く分からない人がほとんどです。

そして就職活動の直前になって、自分の社会的な無知さのせいでヒーヒー言う羽目になります。

しかし株式投資をしていると自然に経済の動きやニュースを気にするようになるので、勝手にある程度の経済知識がつきます。

なので今注目されていて伸びしろのある分野・オワコンな業界の判別もつくようになり、就職活動の企業選びで役に立ちますし、企業が今求めているニーズも判断できるようになります。

朝起きて規則正しい生活ができる

朝

大学生って午前中を無駄にしてしまいがちですよね。

しかし株式投資をしていれば、平日の朝も自然に起きられるようになります。

東京証券取引所は、取引が始まるのが平日の朝の9時です。

それに合わせて起きる必要は全くないのですが株式の取引が始まることが「起きる理由」となり、9時前後に起きて午前中を有意義に過ごせるようになります。

貯金しているより、お金を浪費する可能性が下がる

銀行口座に貯金しているコンビニATMからいつでも引き出せてしまうため、使ってしまいがちですよね。

しかし一旦株式の形で保有しておくと、換金するより保有している方が得であることが多いのでお金をむやみにおろすことがなくなり、浪費癖を直すことが出来ます。

(もちろん必要になればいつでも銀行口座に移すことができます。)

自分の将来に繋げられる

将来を見据える

私が株式投資による資産運用をしている最大の目的がこれです。

正直学生の資金力で投資なんかしても、得られる金銭的リターンなんて微々たるものです。

だから逆に、

×お金を増やす目的で投資する

〇お金を増やす方法を学ぶ目的で投資する

のです。

もちろん「投資」なのでリスクはゼロではありません。

しかし

見込める利益が小さい

損した場合も程度が小さい

ということを示していて、大学生のうちの投資はリスクが低く初心者が学習するのに最適な環境であることが分かります。

(なんなら株式投資をやらずに無知のまま貯金しているほうが、人生を長い目で見て損するリスクが高いと思います。)

そして学生のうちに株式投資に親しんでおけば、社会人になって資金力がついてからいきなり脱初心者として効率的に資産運用ができ、大きく人生を好転させることが可能になります。


以上が大学生が株式投資によって得られるメリットです。

また別の記事で

「株式投資をやろうと思ったときに最低限やるべき勉強&習得すべき知識」

「知識ゼロから株式投資を開始するまでの流れ」

をまとめていきますので参考にしてください。

まとめ

今回は大学生の内から株式投資によって資産運用することで得られるメリットを紹介しました。

大学生にとって株式投資が有益であることが伝われば幸いです。

では!

↓1日1タップで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ