飲み会・宴会での一発芸の準備&やる時のコツ

2019年5月19日

飲み会・宴会で一発芸を振られたとき、すぐに対応できて笑いを取れるとかっこいいですよね。

そのためには前々から準備をし、披露するときもポイントを抑えて披露する必要があります。

そこで今回は飲み会用の一発芸の準備方法・披露する際のポイントを紹介していきます。

※「普段一発芸なんてしない人」向けです。※

まずは一発芸の準備方法です。

一発芸の準備方法

売れっ子の芸人でも「その場で芸を作り出して実行する」なんてことはできません。

ましてや素人の私たちなんてなおさら無理ですので、いつ振られても良いように事前に準備しておくことが必要になります。

具体的には以下の手順で準備していきます。

ネタを選ぶ

ネタをパクる

芸人を目指している人でもない限り、飲み会での一発芸は芸人のモノをパクったら大丈夫です。

ネタはyoutubeで調べたらいくらでも出てきます。

おすすめは

・FUJIWARA 原西

・東海オンエア(芸人ではない)

とかです。

最近は、「一発芸」とかって調べると無名のyoutuberでも面白い一発芸をやってる人がいますので、自分が面白いと思ったネタならなんでもOKです。

あと、パクるネタはよっぽど変顔が上手くない限り顔芸ではないものを、かつ誰がやっても面白いモノを(”この人がやってるから面白い”のはNG)選びます。

たとえば一発芸で有名な芸人で、「流れ星 ちゅうえい」さんがいますが、あの方の一発芸は「顔芸 & 絶妙な体つき」が生かされていますので、真似するのはおすすめできません。

自分で作る

こだわりがあってネタをパクりたくない場合は、自分で作ってみましょう。

でもこれに関しては少し難易度が高いです。

人前で一発芸とかをやったことがない人が、いきなり自分で作るのは無謀でしょう。

まずは複数人の前でお笑い芸人のパクりネタ等をやってみて、場数を踏むべきかと思います。

私は一応しょぼいのなら作れるんですが、作り方を言語化するのが全然無理でしたので潔く次に進みます。笑

練習

ネタが選べたら、鏡とかを見ながら「噛まずに」・「自信を持って」できるようになるまで練習します。

家で一人で一発芸の練習してる姿はかなり滑稽ですが、みんな通る道ですので安心してください。笑
ぶっつけ本番でできるのは、だいぶベテランになってからです。

ある程度練習ができたら、次は自分が一発芸をやってるところをスマホで撮って、動画を確認します。

自分でやってると出来てるつもりでも、動画を通して客観的に見てみると

・表情が硬い
・早口で何を言っているのか分からない
・自信が無さそう

・立ち振る舞いがダサい

といった課題が見えてきますので、これらを修正しましょう。

友達に見てもらう

なにかしら形になったら、本番で披露する前に適当な友人1人~2人に頼んでチェックしてもらいましょう。

自分では気づけなかった改善点をもらえる場合があります。

さて、ここまでが一発芸の準備方法でした。

つぎは披露する時のコツです。

披露する時のコツ

大きめ・ゆっくりめの声で

一発芸をする時はいつもより「大きめ」・「ゆっくりめ」の声でしゃべることを意識しましょう。

せっかくおもしろい事をやっていても声が小さかったり早口過ぎたりして伝わらなかったら、ウケる訳がありません。

緊張しないこと

一発芸をする時、見ている人に「緊張していると思われる」のが1番NGです。

想像してみてください。

一発芸をする芸人がガチガチに緊張していたら、気になって笑えなくないですか?

なので「顔が真っ赤になる」とか「手先が震える」とかは、なるべく避けたいです。

緊張への対策

人前に出て緊張したり顔が赤くなってしまいがちな人は「自分が見られている」と意識しすぎているんだと思います。

大丈夫です。

あなたが思っているより、他人はあなたに興味ありません。笑

しかもたかが一発芸。

あんなもんウケれば大成功、スベッても成功です。

「とりあえずなんかやること」に意味があります。

そのことに気づければ、気が楽になるのではないでしょうか。


以上、飲み会や宴会での一発芸の準備と、やる時のコツでした!

まとめ

今回は飲み会などで一発芸を求められたときの対策を紹介しました。

飲み会とかで一発芸を求められたとき「面白くなくてもいいから、なんかやる」ということが一番大事だと思います。

飲み会でテンションが上がっている状態なら、勢いだけでもウケる可能性もありますし、スベッたとしても「一発芸スベるキャラ」としてのキャラがついて、無個性な人よりはるかに印象が良くなるでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

では。

↓1日1タップで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ