大学に行く意味と得られるメリットを解説

2019年3月21日

大学の廊下

大学に進学することで得られるメリットはなんでしょうか。

いい企業に就職できること?大学生生活を楽しめること?

私は高校の頃大学に入るメリットは上記の2つくらいだと思っていたのですが、最近、大学のメリットはもっとあることに気づきました。

今回は大学に入って4年目になる私が思う「大学に入ることで得られるメリット(学歴と学生生活以外)」を5つ紹介します。

1. バイト先で社会経験が得られる

高校はバイト禁止のところが多いので、多くの人は大学に入ってからバイトを始めると思います。私も大学になってから初めてバイトを経験しました。

バイト先での経験は社会人として学ぶべき事がたくさんあります。接客マナー敬語効率よく動く方法など。

どれも中学高校では教えてもらいませんが、社会人として必要なものばかりです。

また学生バイトにはいろいろな職種があるので、様々な体験ができます。

飲食業、アパレル、引っ越し業、新聞配達、イベントスタッフ、家庭教師、塾講師、etc..

こういったバイト先では「自分が普段、出会うことのない人種の人」と関わることができます。

私もバイトを始めてから気づいたのですが、自分が普段かかわっている友人って価値観とか考え方が自分と似ているんですよね。

狭い自分のコミュニティー内では「当たり前」のことが、バイト先で出会う人にとっては「当たり前」じゃなかったりします。

そういった「人の考え方の違い」に気付けることが人間としての成長、つまり社会経験そのものだと思います。

もちろん、大学に行かずにフリーターとして働くことでもこういった社会経験はできます。

しかしフリーターは大学で学ぶことはできません。

大学生は学生としての学び社会経験を同時に得られる唯一の身分なのです。

2. 専門分野を作ることで、自分の価値を上げられる

「数が少ない、珍しい」ものは価値が高くなります。

金の値段が銅より高いのはキレイだからではなく、量が少ないからです。

またゲームアプリとかで「激レアキャラ」ってありますよね。

あれは「強いキャラ」を指すのではなく「数が少ないキャラ」のことを言っています。数が少ないのですから当然価値は高いです。

それらと同じで社会にもおいても「存在が珍しい」ということは、それだけで価値になります。

中学高校までの教育ではみんなが同じ教育を受けますが(工業高校等を除く)、大学に入ってからは学部に振り分けられ、それぞれ専門分野を学びます。

専門分野を学ぶと、ほかの人が知らない知識や持っていない技術を身に着けることになり、あなたという存在が「珍しく」なります。

なので必然的に社会的な価値が高くなり、もらえる給料が高くなります。

大学生になることで、4年使って自分の価値を高められるのです。

3. 新しいことに挑戦できる

高校の頃は部活や受験勉強で忙しかったかと思います。

社会人になったらなったで残業だったり上司との付き合いだったり生活だったりと、忙しくなります。

しかし大学では、授業や定期テストなどに多少時間はとられるものの、高校までの頃や社会人と比べて圧倒的に時間があります。

なので今までやれなかった新しいことに挑戦することが可能になります。

新しい趣味に没頭する、将来役に立ちそうな資格をとる、バイトに打ち込んで貯金を作る、youtubeに動画を投稿してみる、世界を旅してみる、etc..

なんでもできます。

私で言えばこのブログでの活動も、大学に進んだからできたことです。

「やりたいことに本気で自由に挑戦できる時間」って普通、ないですよ。

時間を自由にやってみたいことに使えるというのは大学生の大きな強みです。

4. 将来の夢を探す時間ができる

皆さんは今、将来の夢とか就きたい職業はありますか?

中学生や高校生のころから明確な将来の夢がある人たちもいますが、私はそういうタイプではありませんでした。

なので高校の頃、将来就きたい職業について聞かれても「サラリーマンになりたい」とかしか言えませんでした。笑

というより、高校までのような閉鎖的な環境で育ち、社会についてまだ無知な状態で思った「将来の夢」は果たして本当に自分のやりたいことなのかが疑問でした。

なので大学に入って自分の実力を高めながら、将来について徐々に考えています。

最近、大学に入ってから色々な人間関係に揉まれたりした甲斐あってか、だんだんとなりたい自分が見えてきた気がします。

高校の内に夢が見つからない場合は、私のように大学に入ってから夢を探してもいいんじゃないでしょうか。

受験期間は大学合格を夢とすれば頑張れますし。

5. 色んな人たちと交友関係を得られる

大学に入ると自分よりも優秀な人間がワンサカいます。

そういった自分より優秀な人達と過ごしていると、その人達に良い刺激を受け、自分も努力し続けることができます。

また大学時代の優秀な人材との繋がりは、社会に出てからあなたの強みとなりえます。

1つ目で述べたバイト先だけでなく、大学内で出会う人もまた、中学高校を出てそのまま社会人になっていたら出会うことのない人種の人たちです。

優秀な人間と切磋琢磨しあえるのも、大学ならではのメリットです。

 まとめ

今回は「大学に行くことで得られるメリット」について書きました。

私自身、こういった大学ならではのメリットを最大限生かして、新しいことにも挑戦し続けたいと思います。

お読みいただきありがとうございました。他の記事もぜひお願いします。

では!

↓1日1タップで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ