サイト開設から12日でGoogleアドセンスに合格する方法

2019年2月21日

「Googleアドセンス」はブログの収益化を考えている人なら必ず聞いたことがあるサービスでしょう。

アドセンスの審査に通ればサイトで「商品紹介」をしなくとも収益化を図れますが、その審査はそれなりに厳しいものになっています。

合格までに申請から半年かかった人などもちらほら見かけますが、当ブログではネット上のいろいろな方の意見を参考にしたところ、サイト開設から12日で審査に合格することができました。

今回はPC素人の私のブログがアドセンスに合格した時のブログ状況をまとめましたので、これを真似すれば審査に通る確率はかなり高くなると思います。

ぜひ審査に申請するときの参考にしてください。(WordPress推奨です。)

申請時期

Googleアドセンスの申請は他のアフィリエイトサービス(Amazonアソシエイト)と違い、申請時のブログの記事が確認されてすぐに合否が分かるタイプの審査ではなく、何日もかけて運用状況を吟味されるタイプの審査です。

なので審査に申請するのは、ある程度サイトが形を成してからが好ましいです。

しかし申請時あまりにもネットに疎かった私はそんなことは知るわけもなく、サイト開設から3日目とかの中身スッカスカな状態で申し込んでしまいました。笑

どのくらいスカスカだったかというと、「伝えたいことがよくわからない記事が3つ」のみがカテゴリーも分けられずにただサイトに浮いているという具合でした。

しかしそこから後ほど述べていく修正を徐々に加えていったところ審査には通ることができたので、申請時のサイトが悪くてもその後の改善によって審査に合格することが出来るということが分かります。

どんどん改善をしていけば、Googleはその都度きちんと評価してくれるのです。さすがはGoogle神。

なので「この状態ならまだ申し込まないほうがいい」といった基準のようなものはありません。思い立った時に申し込んだらいいと思います。

むしろ時期が早い方が「記事のネタ切れ」になりにくいため、この次に述べる「投稿頻度」を高く保ちやすいでしょう。

ただ、内容が足りていない内に申請が承認されることは絶対にないので「ある程度(6割くらい)準備が整ってから申請して、徐々に改善していく」のがベストなんじゃないでしょうか。

投稿頻度・記事数

いろいろなブログを見たところ、審査期間中はブログの更新頻度を高くした方が好印象とのことだったので、申請をしてからは毎日記事を追加し続けました。

そして、申請が承認された時の記事数は12記事でした。

ネット上でも10記事が一つの目安になっているようなので、とりあえずは10記事を目指すべきだと思います。

毎日投稿に関しては必須ではないと思いますが、できるだけ投稿の頻度も高めにすることをお勧めします。

Googleアドセンス以外の広告の有無

Googleアドセンスの審査中に別の広告サービスを使っていいのかということで悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

他のブログを見ていても「申請時はGoogle以外の広告は外すべき」という意見をよく見かけます。

しかし私はGoogleアドセンスの承認が出たときに別の広告サービスであるAmazonアソシエイトを使用していました。

そして問題なく審査に通っています。

そもそもGoogleアドセンスはGoogleが読み手にあった広告を自動で発信してくれるのに対して、Amazonアソシエイトは自分の紹介したい商品のリンクを追加するだけのもので、2つは全く異なるサービスです。

なのでそのGoogle以外の広告がGoogleアドセンスと競合しないものであるなら、審査の申請中に使用しても問題ないと思います。

プライバシーポリシーの作成

ブログで広告サービスを使うならば、プライバシーポリシーの作成は必須です。

当ブログのプライバシーポリシーはこんな感じです。↓

Googleアドセンスが審査中でまだ使用できる状態でなくても「Googleアドセンスを使用しています」と明記しましょう。

WordPressを使用している方は、固定ページで「プライバシーポリシー」という題名で記事を作ればOKです。

記事内容はそのブログの方針や使用しているサービスによって若干の違いはありますが、だいたいどのサイトでも同じようなものです。

このブログのものをパクっていただいても構いませんが、「丸写しすると印象がよくない」という噂を聞いたことがあるので、少し自分の言葉に直したりしたほうがいいかもしれません。

簡単なプロフィールの作成

そのブログを運営している人が誰で、なにを発信しているブログなのかが簡潔にわかるプロフィールを作成しましょう。

最低限のことが分かればいいので、簡単なもので構わないと思います。

このブログでは固定ページに「プロフィール」の記事を作成していますが、WordPressのテーマによっては自動ですべてのページの下部に表示する機能もあるみたいですね。

サイトマップの作成

「サイトマップ」は、クローラーと呼ばれる「Googleがサイト(ブログ)を巡回するときに使うロボット」にそのブログの構造を伝えるためのページです。

WordPressでは「Google XML Sitemaps」という無料のプラグインを使えば一発で作ることが出来ます。

使い方は調べればすぐに出てくるので導入してみてください。

サイトマップの作成はアドセンスの審査にも有効ですしSEO的にも有利に働くので、ブログ運用において必須です。

お問い合わせフォームの作成

お問い合わせフォームは読んで字のごとく、読み手がブログ運営者に問い合わせができるシステムです。

これもサイトマップと同じく、無料プラグインを使って秒で作ることができます。

当ブログでは「Contact Form 7」を使用しています。

お問い合わせフォームがあることによってより「読み手のことを考えたサイト」であることをアピールできるため、審査でもプラスの評価となるでしょう。

まとめ

ひといきついて、本日のまとめ

今回紹介した内容をまとめると

  • サイトがまだ完成していなくても申請してOK
  • 記事数は10記事以上あるのが好ましい
  • 審査期間中は投稿頻度を上げるべき
  • 審査期間中に他の広告サービスを使っても特に問題ない
  • プライバシーポリシー, プロフィール, サイトマップ, お問い合わせフォームを作成する

となります。

これらに気を付ければGoogleアドセンスの審査もかならず通ります。

合否が出るまでに時間がかかるのは当たり前ですので、気にせず記事の更新に努めましょう。

では!

↓1日1タップで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ