【受験】勉強のモチベーションを上げるコツ

2019年5月3日

メンタル

あなたは勉強が好きですか?

勉強が好きな方は素晴らしいことだと思いますが、大半の方はそうでないと思います。笑

しかし勉強は好きであろうとなかろうと、必要なものです。

好きじゃない事のモチベーションを保つのは難しいことですよね。

そこで今回は

・勉強は、好きでも嫌いでもない。普通。

・勉強は、嫌い。

という方に向け、勉強が好きじゃなくても勉強に対するモチベーションを上げられる方法を、2つ紹介します。

まずは、1つ目から解説していきます。

1. 将来について考えてみる

あなたの「夢(目標)」はなんですか?

あなたは将来の夢がパッと思いつきますか?

思い浮かばない方は、ぜひこの機会にちょっと考えてみてください。

あなたの興味を持てる分野はなんでしょう?

社会に出てから、やってみたいことはなんでしょう?

大学に合格することを夢とするのもアリです。

夢なんてコロコロ変わって当然だと思うんで、そんなに思い悩む必要はありません。

なんでもいいので思いつくまで考えてみてください。

思いついたら、次に進みます。

その夢の実現に、学校の勉強は有利?

では思いついた夢には、何をどう努力すれば近付けそうですか?

例えば、高校生のなりたい仕事ランキング上位の「教師、研究者、医者、会社員、エンジニア、公務員」などは、学校の勉強をすることによって実現に近づけます。

一見勉強が関係ない分野も、勉強によって近づける場合が多いです。

たとえばスポーツが好きでその分野に進みたいのなら、一見学校での勉強の成績は関係ないですが
、それは「プロ選手になるなら」の話です。
「スポーツ関係」の仕事に就き、最先端のスポーツ製品の研究を行ったりプロスポーツ選手のサポートをすることでも、好きなスポーツに関わり続けることができます。

そしてその場合、大学のスポーツ関連や人体関係の学部を受験し、進学するのが有利です。

(しかもプロのスポーツ選手になるには、「実力とセンスと運」が必要なので、努力では届かないことがあるのに対し、進学は努力することによって必ずかなえられます。)

この例のように学校での勉強を頑張ることは、自分の将来の夢に近づくための確実な近道になりえます。

具体的な将来をイメージできて、その実現に勉強が必要だと実感できれば、もうこっちのものです。

あとは夢に向かってのモチベーションで、今すぐ勉強を始めましょう。

さて次はモチベーションアップの方法、2つ目です。

2.周囲への感謝の気持ち

あなたの身の回りの、あなたのことを応援たり、支えてくれている人のことを思い浮かべてみてください。

・両親
・祖父母
・兄弟
・親戚
・友人

・教師

こういった人たちに恩返しするにはどうしたらいいでしょうか。

方法は様々ありますが、その中で学生のあなたができる最大の恩返しは「勉強に打ち込む」ことです。

応援している人達にとって、あなたが勉強を頑張ってくれることは何よりも喜ばしいことでしょう。

支えてくれている人たちへの恩返し・感謝の気持ちによってモチベーションを高く保ち、勉強に打ち込めます。

これが2つ目の方法です。


私は受験期にこれらの考え方によって、勉強のモチベーションを上げていました。

ぜひ参考にしてみてください。

また「勉強のやる気を出す考え方」を以下の記事でも紹介しています。

勉強へのやる気を爆発させたい方はこちらが必見です。

まとめ

今回は勉強へのモチベーションを上げる考え方について解説しました。

勉強が嫌いでも、モチベーションを高く保って学習が続けられれば大丈夫です。

そうすればおのずと結果はついてきますし、結果がついてくれば勉強自体を楽しめるようになります。

それまでは夢に向かって、そして周りの人に感謝することで、勉強に対してのモチベーションを高く保ち続けてください。

また他の記事では、受験勉強と恋愛の両立について解説したり

勉強ができないという悩みに対する解決方法を解説しています。

受験に有利になれるコンテンツを多く発信していますので、休憩時間等にご覧ください。

では!

↓1日1タップで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ